• SPECT検査 

     

     


     

     

    シンチグラフィーとは

    シンチグラフィ(scintigraphy)は、体内に投与した放射性同位元素から放出される放射線を検出し、その分布を画像化したもので腫瘍(がん)や各種臓器の機能の診断に使われています。
    シンチグラフィを断層撮影したものをSPECT(Single Photon Emission Computed Tomography)と呼びます。
    断層化することによってより詳細に集積部位がわかります。

    放射性医薬品
     

    放射性医薬品は、放射性同位元素(ラジオアイソトープ)で標識されたものです。
    静脈注射により投与され、副作用はほとんどありません。
    また、半減期の短い放射性同位元素を使っているので被ばく線量も少なく安全な検査と言えます。


     

    当クリニックで可能な検査
     

    筋血流SPECT

     
     
    運動負荷あるいは薬物負荷のあとに塩化タリウムを静脈注射しその分布を負荷時、安静時にSPECT撮影します。
     

    骨シンチグラフィ

     

    全身を一度に撮影することができます。がんの骨転移や、X線撮影ではわからない微小な骨折などを検出するのに用いられます。
      
    脳血流SPCT

     

     脳の血流低下部位をコンピューター解析により診断します。認知症の識別診断に用いられます。


    診療情報提供書ダウンロード
     




    アザブ循環器・内科クリニック

    TEL:03-5411-0405 
    FAX:03-5411-0406
    受付時間:火〜土 9時〜17時(日・祝・月休診)

              

     

    Copy right AZABU CARDIOVASCULAR CLINIC All rights reserved.